株式会社 長野こまち 長野県をもっと豊かに、もっと楽しく

Working

毎日新しい発見ができることが、Komachiの魅力だと思います!

編集部 編集課・甘利ひとみ

入社のきっかけ

大学4年生になり、就職活動が始まる時期に、「自分が何をしたいか」がなかなかイメージできずにいた私は、どの企業で就職するかかなり迷っていました…。そんな時に、Komachiの「正社員募集」の記事をたまたま見つけ、「Komachiなら、ひとつのことにとらわれず、グルメや旅行、スポーツ、美容など多彩なジャンルを経験できそう!」「色々な場所に取材へ行けて、日々違う人と交流できそう!」「雑誌の編集者ってかっこいいかも!」と単純な思いから応募しました。友達や家族が愛読していた雑誌ということ、私にとっても身近な雑誌だったことも理由のひとつです。

実際に仕事をしてみて

Komachiの編集部に配属され、記事を書くのはもちろん、取材のアポイント取り、カメラマンの手配や、デザインの元となるラフの作成、特集の企画立てなど、日々の業務や締め切りに追われる毎日です。例え数ページであっても、たくさんの人と責任が関わっています。読者が何を求めているのか、クライアントがどんな情報を発信したいかを考えながら、ゼロからカタチにしていくのは、とても苦労と時間がかかります。

でもその分、自分で作り上げたページを見た時は、達成感ややりがいを感じられます。苦労をして生み出したものが、読者やクライアントに評価して貰えると、次はもっと良いものを作ろう!と頑張る励みになります。

また、普段なかなか出会えない人に会えたり、さまざまな業界の人と繋がれたり、新しい長野の魅力を発見したりと、毎日刺激的な経験をできることが、Komachiの魅力だと改めて思います!